スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

<相撲協会>協会批判で取材証を”はく奪” 

「コメント」
八百長疑惑、朝青龍問題、と今年は取り組みよりも話題豊富ですが・・・
協会批判で取材証を”はく奪”なんて呆れてしまいます。
大相撲が好きだから批判したくなると思うのですが・・・
処分を見直す事はしないのでしょうか?


<相撲協会>記者クラブ会友の杉山さんの取材証を”はく奪”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000110-mai-spo
9月11日20時12分配信 毎日新聞

 日本相撲協会の北の湖理事長は10日、横綱・朝青龍に関する一連の騒動に関してテレビで解説をした、元NHKアナウンサーで東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博さん(76)=日本福祉大学客員教授=の発言が協会批判にあたるとして、協会発行の取材証を返還させた。事実上のはく奪で、これに対し同クラブは11日、抗議文を提出した。
 北の湖理事長は、抗議文で「(杉山さんの)言動の何が問題なのか、明確にしてほしい」と要請されたのを受けて、同クラブの代表者に対して口頭で回答。(1)8月中旬の朝の民放情報番組で「朝青龍への処分に対しては弁護士や識者を入れて決めるべきだ」というコメンテーターの発言に杉山さんがうなずいたのは相撲協会批判にあたる(2)テレビ出演の際の肩書が「相撲評論家」「相撲ジャーナリスト」となっているが、こうした立場の人には(記者でないので)取材証を発行できない――と、返還させた理由を説明。杉山さんによれば10日、協会の女性職員に「理事長が発言を気にしているので返してほしい」と言われ、杉山さんは「お立場も分かるので預けましょう」と言って返したという。
 同クラブは「批判する相手の取材証を取り上げるのは暴挙」と反発しており、杉山さんの発言などについては事実関係も含めて、12日に杉山さんと北の湖理事長との話し合いを持つよう調整している。
 杉山さんは53年からNHKのアナウンサーとして大相撲報道にかかわり、その間、東京相撲記者クラブ員。定年後の87年から同クラブ会友としての取材を続けてきた。特に先代二子山親方(故・大関貴ノ花)と親交が深く、兄の初代若乃花と、三代目若乃花、貴乃花を絡めた「土俵の鬼 三代」などの著作がある。取材証を返還させられたことについて杉山さんは「肩書はテレビ局が便宜上つけたもの。それにテレビ画面でうなずいたことぐらいで取材証を取り上げるのは信じがたいくらい残念」と話している。
 また、報道陣から問題の経緯を聞いた日本相撲協会理事の友綱親方(元関脇・魁輝)が「杉山さんは正論を言っている。協会内部の対応が悪い」と話すなど、親方衆の間にも北の湖理事長の措置に首をかしげる声が上がっている。
 同協会の取材証は、相撲記者クラブ所属の専門記者に発行される顔写真付きのカードで、所持者は支度部屋での取材が許可されるなど、一般の報道関係者と区別されている。【上鵜瀬浄、飯山太郎】

 ◇相撲界の将来危惧
   ▽スポーツライターの玉木正之さんの話 スポーツ報道は、主催者側の広報的存在に堕してしまう危険性が高い。だからこそ批判の目を持たなければならない。そういう批判を受けて門戸を閉ざしてしまう(相撲協会のような)組織は、必ず衰退していく。相撲界の将来を危惧(きぐ)せざるを得ない。ジャーナリズムは、協会の措置を断固認めてはならない。
 ◇耳傾ける姿勢を 
 ▽大石泰彦・青山学院大教授(メディア倫理)の話 協会は公的な存在であり、広く意見に耳を傾ける姿勢を示さなければならず、今回の措置は批判されるべきだろう。ただ、朝青龍問題を取り上げたメディア側も、スポーツを一種の娯楽・慰みものと考え過熱していたのではないか。相撲を含めたスポーツの文化性・公共性を高めるために、報道のあり方を反省・検証する必要もある。
スポンサーサイト
[ 2007/09/12 09:31 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

朝青龍“会見不能”最強横綱が壊れた? 

「コメント」
今まで好き勝手にやってたので今回の処分も理解できないのでしょうか?
高砂親方がもっと親身になって指導してたらこんな事も起きなかったのでは?
このまま引退とかの道は選ばないで欲しいです。


精神安定剤服用…朝青龍“会見不能”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070803-00000015-spn-spo&kz=spo
8月3日6時5分配信 スポーツニッポン

 最強横綱が壊れた?日本相撲協会が2場所の出場停止や自宅謹慎などの処分を下した緊急理事会から一夜明けた2日、相撲記者クラブの会見要請に対し、横綱・朝青龍(26=高砂部屋)が会見不能の状態にあることが分かった。師匠の高砂親方(元大関・朝潮)によれば精神安定剤などを服用し、発言も不安定だという。世間の批判の嵐が吹きまくる中、精神的に追い込まれた朝青龍の今後が気に掛かる。
 師匠の口から発せられたのは衝撃的な事実だった。報道陣から朝青龍の会見設定を要請されると、高砂親方は愛弟子の状況を苦渋の表情を浮かべて説明した。「発言がコロコロと変わっているようだ。精神安定剤をのんでいるようで、そういう所見も出ている。落ち着きがなく、処分が重いか軽いか判断できないらしい。オレですら会えないんだ」。その言葉から浮かび上がる朝青龍像は、ふてぶてしい態度とは大きくかけ離れた「会見不能」状態。数々の偉業を支えてきた不屈の精神力は音を立てて崩れかけている。
 1日の緊急理事会で2場所出場停止処分などの宣告を受け、朝青龍の心は大きく動揺した。「もしモンゴルに帰るようなら成田で首根っこをつかまえてやる」と断固とした態度を示した師匠ですら、制御できないほど浮き沈みが激しい。報告を受けた師匠によると朝青龍は「もう1回頑張ろう」と言い出したかと思えば、次の瞬間「あー、あかん」と消極的になるという。しかも連日不眠状態が続き、心の支えであるタミル夫人と2人の子供はモンゴルに帰国中。唯一の安らぎの場である自宅が独房状態になっている。「今はケガの治療よりメンタルケア。家族だからこそできるケアも受けられず不安定な状態」と関係者も深刻そうに話した。
 大横綱にのしかかる生涯最大のピンチ。モンゴルの先輩で、今年4月に交通事故を起こして夏場所の出場停止処分を受けた十両・旭天鵬はこう語る。「自分は1カ月でも長かった。4カ月はかなりキツい。オレもノイローゼに近い気持ちになった」。そして「横綱は何か違う目標を見つけて頑張ってほしい。機会があったら(横綱に)そういう話をしたい」と助言した。
 朝青龍の謹慎処分は当初「自宅、病院、部屋」に活動範囲を限定されたが、2日になって緩和された見解が示された。高砂親方は「家族と食事に行くくらいはいいだろう」と話し、伊勢ノ海生活指導部長(元関脇・藤ノ川)も「診断書に沿って腰の治療で温泉に行くくらいはいいだろう」と縛りを緩和する考え。しかし、そんな周囲の心遣いを受け入れられないほど横綱の内面は病んでいる。
 周囲の批判と厳罰を受けて孤独な毎日を送る朝青龍に現実を受け止める強い精神力はよみがえるのか。崖っ縁に追い込まれた最強横綱は爆発寸前だ。
[ 2007/08/03 09:57 ] 大相撲 | TB(0) | CM(1)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。