スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

野比のび太の中国語名は「野比康夫」なんだって! 

「コメント」
困った事が起きてもドラえもんがいないから大変だね!
いつまで持つかはドラえもんしだい?!



ドラえもんのお陰?「のび太首相」に中国ブロガー大喜び
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070925-00000019-scn-cn
9月25日18時26分配信 サーチナ・中国情報局

 「ドラえもんのお陰?」「のび太が首相に」……。福田康夫氏が25日、国会で首相に指名されたことで、日記風のホームページ、ブログを営む中国のブロガーらが興奮しつつ「のび太首相」の誕生を祝っている。中国でもドラえもんは大人気だが、野比のび太の中国語名は「野比康夫」。福田氏の顔もどことなく「のび太」に似ているとの不謹慎(?)な指摘もある。
 札幌市の中国人ブロガーは「ドラえもんのお陰で、のび太が71歳の高齢になって、首相に当選した。おめでとう」と喜びを隠せない様子。中国本土のブロガーは「日本はドラえもんの時代に入った。それにしても、のび太はもう71歳。首相になるまで時間が掛かったものだ」と慨嘆している。
   中国本土の電子掲示板も「のび太首相」の登場に大喜び。「それしてものび太そっくり」とのび太と福田氏の写真を並べてアップする例も。「ドラえもんは見る目があった」、「官房長官はドラえもんに決まり」、「静香ちゃんもファースト・レディだね」など、思い思いの書き込みで賑わっている。
 ブロガーらの多くは若者が多く、ドラえもんに親しんで育った世代。中国のネットの世界では「のび太首相」の誕生は歓迎ムードが広がっており、「のび太首相は親中派だそうだね」となどの書き込みも見られる。福田氏が中国で立候補しても議員当選は間違いなさそうだ。
(編集担当:井上雄介)
スポンサーサイト
[ 2007/09/26 01:43 ] 政治記事 | TB(0) | CM(0)

阪神 接戦を制し首位守る 

「コメント」
こんな良い試合をテレビで見れない・・・
テレビ番組チェックしてないけど今日は中継見れるかな?



阪神 接戦を制し首位守る 巨人はリリーフ陣が踏ん張れず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000013-maip-spo
9月19日10時26分配信 毎日新聞

 〇阪神5-4巨人●
 阪神が接戦を制し、対巨人6連勝で首位を守った。八回、野口の左中間二塁打と犠打で1死三塁とし、門倉の暴投で勝ち越し。九回は抑えの藤川が締めた。巨人はウィリアムス、久保田から得点を挙げて粘ったが、リリーフ陣が踏ん張れなかった。

 ▽阪神・岡田監督 (救援陣が打たれても)同点の後に走者が残ったけど、追い越されんかったのが一番大きかった。0点で抑えてくれとは思うが、いつもそんなにうまくはいかない。

 ◇赤星の快足、巨人の守備陣かき回す
 ペナントレース終盤に入って、阪神・赤星の快足がライバルに大きなプレッシャーを与えている。本拠地で迎えた巨人との最後の3連戦。初戦では同点の七回2死から投手強襲安打で出塁。シーツの右翼線二塁打で一気に本塁を駆け抜けた。そしてこの日の3出塁は、すべてゴロを転がした安打で、巨人の守備陣を大いにかき回した。
 1点を追う一回は安打の鳥谷を一塁に置いての打席。初球、送りバントがファウルになったが、ヒットエンドランがかかった3球目のフォークをたたき付けると高いバウンドで遊撃手・二岡の前に転がり、一、二塁と好機を広げた。続くシーツが四球を選び、金本の内野ゴロですぐに追い付いた。
 三回1死からは三塁寄りに守っていた二岡の右へ巧みに転がし一塁へ。ここではけん制で刺された。そして、いったん勝ち越した後、ウィリアムスが3安打されて追い付かれる苦しい展開の中で、赤星の出番が巡ってきた。
 七回1死二塁から鳥谷が投ゴロで走者を進めらず2死から打席に。西村の150キロの速球をまたもたたきつけると、今度は二塁への内野安打に。またしても貴重なつなぎ役を果たした。続くシーツは11球粘って勝ち越しの右前打を放った。
 昨年から首痛に悩まされ、5月には一時、登録を抹消された。今も「ショックを受けると響く」という状態が続き、体調は万全とは言えないが、17日までの5試合で5得点。チームのエンジンとしての活躍が続く。【濱弘明】

 ○…阪神・金本が同点の四回、勝ち越しの中越えソロ本塁打を放った。40本塁打を記録した05年以来2年ぶりの30号となった。
 この回の先頭で打席に。巨人・久保の変化球が2球外れた後、速球が真ん中に入ったところを逃さずバットを振り抜いた。打球はぐんぐん伸びて、バックスクリーン左に飛び込んだ。
 金本は1点を追う一回、無死満塁で打席に入ったが、遊ゴロに倒れて同点止まり。両チームはこの後もチャンスを拙攻でつぶす重苦しい展開が続いていた。金本は「1打席目に打っとけよ、だね」と照れた。
 試合は巨人が先発の柱の高橋尚を六回に救援で投入し、総力戦の様相。七回には、阪神のウィリアムスが3安打を浴びて同点とされるなど、最後までもつれる展開となった。

 ○…七回にウィリアムスから同点適時打を放った巨人の二岡。1死一、三塁で、初球の外角低めの直球を逆らわずに流し打ち。打球は右前への価値ある一打となった。今季、ウィリアムスとの対戦では5打数1安打と抑え込まれてきたが、この打席では積極的な打撃が奏功。いつもはクールな31歳が、一塁塁上で興奮し、顔を紅潮させていた。

 ○…5回を2失点に抑えた巨人の久保は「いい感じで投げることができた」という。五回1死一、二塁で赤星を外角への直球で遊直に仕留め、続くシーツから真ん中低めのフォークで空振り三振を奪ってピンチを切り抜けた。前回阪神と対戦した8日の試合では黒星を喫し、雪辱を期したマウンドだった。ただ、四回、金本にカウント0-2から一発を浴びた場面は「打者有利のカウントにしてしまったことが悔やまれる」と反省していた。

 ○…阪神に連敗を喫し、優勝に向けて暗雲が立ち込めてきた巨人。試合後、原監督は「前半、流れが来そうなときに点を取れなかった」と淡々と振り返った。二回1死満塁で、谷が真ん中低めのスライダーをとらえきれずに遊ゴロ併殺打に倒れるなど、制球の甘い能見を打ち崩せなかった。守りでは、15日の広島戦に先発して8回を投げた高橋尚を六回から2番手で起用する「スクランブル態勢」で勝利への執念を見せたが、実らなかった。主将の阿部は「結果は結果として真摯(しんし)に受け止めなければならない。がっくりしている暇はない」と、気持ちを切り替えようと必死だった。

 ★阪神きょうにも優勝M点灯 セ・リーグは18日に首位・阪神が3位・巨人を降し、2位・中日がヤクルトに敗れたため、阪神と中日のゲーム差は1.5に広がった。19日に阪神が勝ち、中日が負けると阪神に優勝マジック10が点灯する。
[ 2007/09/19 13:21 ] 阪神タイガース | TB(0) | CM(0)

「魔女狩り…霞が関の罠に敗れた安倍首相」 

「コメント」
「霞が関」とは恐ろしい集団なのか?
霞が関と闘える内閣を作って欲しいのですが・・・



「魔女狩り…霞が関の罠に敗れた安倍首相」 猪瀬直樹氏に聞く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070913-00000909-san-pol&kz=pol
9月13日7時22分配信 産経新聞

 安倍晋三首相は「改革を止めるな」とか「新しい国づくり」を訴え、まさにそのことに使命感を持って取り組んできた。しかし、松岡利勝氏や赤城徳彦氏ら首相を支えるべき閣僚に緊張感がなく、首相の足を引っ張ってきたように思う。
 また、参院選で大敗しても、自らの使命感から続投を決意し、人心一新で内閣を改造したが、実質的には「麻生・与謝野政権」になり、ハンドリングが厳しくなったのだろう。政権内でも外堀を埋められ、急速に意欲がなえたのではないか。
 小泉純一郎前首相は道路公団や郵政の民営化と、つねに「霞が関」と戦ってきた。安倍首相も国家公務員法の改正など「霞が関」と戦ってきた。国民もそうした首相の戦う姿勢に期待したが、もっと成果がわかるように上手に戦えなかったのかと思う。今年の2月、「霞が関」出身の柳沢伯夫厚生労働相(当時)を更迭し、社会保険庁に対して毅然(きぜん)たる態度を示すべきだった。
 それにしても、まだ改革を続けなければいけない時期に辞めないといけないのか。このままなら「霞が関」とは戦わない政権が生まれる。安倍首相は地方分権にとっても守護神といえる存在だったが、そういう者が果たして出てくるだろうか。
 一方で、マスコミの「安倍叩(たた)き」ともいえる報道はどうだったか。政治資金収支報告の記載漏れのなかには、まさに枝葉末節のことも多く「魔女狩り」の様相を呈していた。内閣改造で遠藤武彦氏が入閣したとき、「霞が関」は3年前に会計検査院で指摘されていたことを官邸に故意に知らせなかった。遠藤氏は「霞が関」が仕掛けたトロイの木馬だった。(談)
[ 2007/09/13 09:27 ] 政治記事 | TB(0) | CM(0)

麻生氏が後継出馬へ 小泉氏要請の動きも 

「コメント」
どなたが首相になってもかまわないのですが・・・
途中で投げ出す事だけはして欲しくないですね。




<安倍首相辞任>麻生氏が後継出馬へ 小泉氏要請の動きも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070913-00000008-mai-pol
9月13日3時10分配信 毎日新聞

 安倍晋三首相の辞任記者会見を受けて自民党は12日国会内で緊急総務会を開くなど後継総裁の選出手続きに着手、両院議員総会で党所属議員と都道府県連代表による投票を行い、選出することを基本的に了承した。執行部は14日告示、19日投票の日程で調整しているが党内には、より時間をかけるべきとして25日投票を求める声も浮上している。後継候補には、麻生太郎幹事長(麻生派)が13日に出馬表明する意向を固めた。中堅・若手を中心に小泉純一郎前首相の再登板を求める動きが出るなど、早くも綱引きが活発化している。
 総務会で麻生氏は「あまり時間をかけられない」として党則に基づき、党大会にかわる両院議員総会で選出したいとの方針を示した。この後、総裁選管理委員会は総裁選を「14日告示、19日投開票」とする日程を確認した。13日の総務会で了承を求めるが、党内にはオープンな党員投票が必要との意見や、日程を25日投票にまで延ばすべきだ、とのも異論もある。
 出馬の意向を固めた麻生氏は安倍改造内閣で与謝野馨官房長官とともに政権運営を主導。昨秋の総裁選で安倍氏に次ぐ得票だった。短期決着を念頭に置いた日程も有利に働くとみられている。
 これに対し、麻生氏の路線が「小泉構造改革路線」に反すると反発する小池百合子前防衛相ら中堅・若手議員31人は小泉前首相に再登板を13日、要請する。このほか、安倍政権の外交路線に批判的な福田康夫元官房長官(町村派)や、やはりさきの総裁選に出馬した谷垣禎一元財務相(谷垣派)を推す声もあり、動向が焦点となっている。最大派閥の町村派、津島派、古賀派なども対応を協議、額賀福志郎財務相(津島派)が周辺に出馬に意欲を示すなど派閥を単位とした動きも始まっている。
 首相は12日午後2時からの緊急記者会見で「局面を転換して、新たな首相のもとで『テロとの戦い』の継続を目指すべきだ」と述べ、テロ特措法問題の展望が開けないことを理由に挙げた。また「私が首相であることで、野党党首との会談もできない状況が生まれている。私がむしろ障害になっている」と述べ、テロ特措法問題をめぐる民主党の小沢一郎代表との党首会談が断られたことにも言及した。後継総裁が決まり次第、安倍内閣は総辞職する予定。

 ◇小泉氏に再登板求める会参加者
 小泉純一郎前首相に再登板を求める中堅・若手の会(小泉前総裁の再登板を実現する有志の会)への参加者31人は次の通り。(敬称略、丸数字は当選回数)
 中川泰宏(1)▽小野次郎(1)▽近藤三津枝(1)▽猪口邦子(1)▽片山さつき(1)▽佐藤ゆかり(1)▽杉村太蔵(1)▽近江屋信広(1)▽篠田陽介(1)▽藤田幹雄(1)▽戸井田徹(2)▽平将明(1)▽牧原秀樹(1)▽飯島夕雁(1)▽上野賢一郎(1)▽阿部俊子(1)▽田中良生(1)▽山内康一(1)▽秋葉賢也(2)▽御法川信英(2)▽棚橋泰文(4)▽安井潤一郎(1)▽広津素子(1)▽小池百合子(5)▽川条志嘉(1)▽吉野正芳(3)▽早川忠孝(2)▽大塚拓(1)▽木挽司(1)▽中山泰秀(2)▽丹羽秀樹(1)
[ 2007/09/13 09:11 ] 政治記事 | TB(0) | CM(1)

安倍首相が辞任表明 

「コメント」
この人、空気読めない人だね・・・
辞め時もわからないとは!


「きっこの日記」に面白い事書いてあるよ!



安倍首相が辞任表明、総裁選は14日公示・19日投票で調整
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000498-reu-bus_all
9月12日17時1分配信 ロイター

 [東京 12日 ロイター] 安倍晋三首相は12日午後、首相官邸で緊急会見し、「首相の職を辞するべきだと決意した」と辞意を表明した。首相は、テロ対策特別措置法の継続に野党が強い反対をしている中で、「新たな首相の下で、テロとの戦いを目指すべきと判断した」と説明。「自らけじめを付けることで、局面の打開が必要と判断した」と述べた。NHKによると、自民党は新総裁の選出について、14日公示、19日投票の日程で調整している。
 首相は辞任決断との関連で、小沢一郎民主党代表との党首会談が「実質的に断られ、大変に残念だ」とし、「私が首相であることで、野党との話し合いが難しい状況になっている」と語った。
 そのうえで「私自身の決断が先に延びることで、国会において混乱が大きくなるとの判断から、決断はなるべく早く行わなければならない」と、決断にいたった経緯を説明した。
 投げ出すような辞任劇で無責任との批判も出るのではないかとの質問に対し「職を辞することで局面を変えていかなければならないと判断した。党首会談も実現しない状況の中で、約束したことが実現できない。むしろ、私が居ることが障害になっていると判断した」と繰り返した。  ただ、小沢一郎民主党代表は12日午後の会見で、自民党の国会対策委員長を通じ、民主党の国会対策委員長に党首会談の打診があったが、その会談の趣旨について「ごあいさつということだった。きょうの段階で首を傾げる提案で、それなら国会でのクエスチョンタイム(党首討論)という方法もあると自民党側に伝えた。自民党側は官邸に伝えると言っていた」と説明。安倍首相の説明とニュアンスの違いをみせた。   新総裁選出や、国会での首相指名などの手続きについて、安倍首相は自民党幹部に対し「政治空白を生まないよう早く次の総裁を決めてもらいたいと指示した」と会見で語った。後継総裁には「新しいリーダーとして、与党を率いて、力強く政策を前に進めてもらいたい」と述べるにとどめた。
   また、困難な政治状況を生んだ反省点として「安倍内閣として国民の信頼を得ることができなかった。これは私の責任だ」と述べ、「それを原動力に政策を前に進めることができなかった」と振り返った。  与謝野馨官房長官は12日夕の記者会見で、安倍首相の辞任理由に関連して「健康状態だろう。病気などは詳しくいえないが、仕事と健康の両立で深い苦悩があった」と述べた。
 NHKによると、自民党は新総裁の選出で、予備選挙は行わず、衆参両院の国会議員と地方の代議員が参加した両院議員総会での選挙を実施。14日公示、19日投票の日程で調整している。
   安倍首相は、シドニーで前週末に行われたアジア太平洋経済閣僚会議(APEC)の首脳会議に出席し、終了後の記者会見で、インド洋上の海上自衛隊の給油継続に向け、「職を賭して」対応すると表明。週明け10日の衆参本会議で、所信表明演説をしたばかりだった。
 野党側はきょう12日午後から衆院本会議で代表質問をする予定だったが、その直前に辞任を自民党幹部に伝えるという異例な事態となっていた。

関連記事
安倍グッズ当面継続 麻生本は注文殺到
「健康不安」?「スキャンダル」? ひよわな宰相不可思議な辞任
[ 2007/09/13 03:12 ] 政治記事 | TB(0) | CM(0)

<相撲協会>協会批判で取材証を”はく奪” 

「コメント」
八百長疑惑、朝青龍問題、と今年は取り組みよりも話題豊富ですが・・・
協会批判で取材証を”はく奪”なんて呆れてしまいます。
大相撲が好きだから批判したくなると思うのですが・・・
処分を見直す事はしないのでしょうか?


<相撲協会>記者クラブ会友の杉山さんの取材証を”はく奪”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000110-mai-spo
9月11日20時12分配信 毎日新聞

 日本相撲協会の北の湖理事長は10日、横綱・朝青龍に関する一連の騒動に関してテレビで解説をした、元NHKアナウンサーで東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博さん(76)=日本福祉大学客員教授=の発言が協会批判にあたるとして、協会発行の取材証を返還させた。事実上のはく奪で、これに対し同クラブは11日、抗議文を提出した。
 北の湖理事長は、抗議文で「(杉山さんの)言動の何が問題なのか、明確にしてほしい」と要請されたのを受けて、同クラブの代表者に対して口頭で回答。(1)8月中旬の朝の民放情報番組で「朝青龍への処分に対しては弁護士や識者を入れて決めるべきだ」というコメンテーターの発言に杉山さんがうなずいたのは相撲協会批判にあたる(2)テレビ出演の際の肩書が「相撲評論家」「相撲ジャーナリスト」となっているが、こうした立場の人には(記者でないので)取材証を発行できない――と、返還させた理由を説明。杉山さんによれば10日、協会の女性職員に「理事長が発言を気にしているので返してほしい」と言われ、杉山さんは「お立場も分かるので預けましょう」と言って返したという。
 同クラブは「批判する相手の取材証を取り上げるのは暴挙」と反発しており、杉山さんの発言などについては事実関係も含めて、12日に杉山さんと北の湖理事長との話し合いを持つよう調整している。
 杉山さんは53年からNHKのアナウンサーとして大相撲報道にかかわり、その間、東京相撲記者クラブ員。定年後の87年から同クラブ会友としての取材を続けてきた。特に先代二子山親方(故・大関貴ノ花)と親交が深く、兄の初代若乃花と、三代目若乃花、貴乃花を絡めた「土俵の鬼 三代」などの著作がある。取材証を返還させられたことについて杉山さんは「肩書はテレビ局が便宜上つけたもの。それにテレビ画面でうなずいたことぐらいで取材証を取り上げるのは信じがたいくらい残念」と話している。
 また、報道陣から問題の経緯を聞いた日本相撲協会理事の友綱親方(元関脇・魁輝)が「杉山さんは正論を言っている。協会内部の対応が悪い」と話すなど、親方衆の間にも北の湖理事長の措置に首をかしげる声が上がっている。
 同協会の取材証は、相撲記者クラブ所属の専門記者に発行される顔写真付きのカードで、所持者は支度部屋での取材が許可されるなど、一般の報道関係者と区別されている。【上鵜瀬浄、飯山太郎】

 ◇相撲界の将来危惧
   ▽スポーツライターの玉木正之さんの話 スポーツ報道は、主催者側の広報的存在に堕してしまう危険性が高い。だからこそ批判の目を持たなければならない。そういう批判を受けて門戸を閉ざしてしまう(相撲協会のような)組織は、必ず衰退していく。相撲界の将来を危惧(きぐ)せざるを得ない。ジャーナリズムは、協会の措置を断固認めてはならない。
 ◇耳傾ける姿勢を 
 ▽大石泰彦・青山学院大教授(メディア倫理)の話 協会は公的な存在であり、広く意見に耳を傾ける姿勢を示さなければならず、今回の措置は批判されるべきだろう。ただ、朝青龍問題を取り上げたメディア側も、スポーツを一種の娯楽・慰みものと考え過熱していたのではないか。相撲を含めたスポーツの文化性・公共性を高めるために、報道のあり方を反省・検証する必要もある。
[ 2007/09/12 09:31 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

阪神宮崎オーナー大幅昇給約束 

「コメント」
今年からセリーグもクライマックスシリーズが導入されるので最後までどの球団が優勝するかわからないですが・・・
ここまできたら是非優勝して欲しいですね。
巨人との3連戦はしびれました!!!



球児3・5億、宮崎オーナー大幅昇給約束
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000106-nks-spo
9月11日10時8分配信 日刊スポーツ

 連投の先にバラ色のオフあり。阪神宮崎恒彰オーナー(64=電鉄本社取締役)は10日、セ・リーグ記録の10連投で10連勝を導いた藤川球児投手(27)の大幅昇給を確約した。ここまでの頑張りをねぎらうとともに、ラストスパートにかかせない球児に対して最大限のバックアップ発言。今季の推定年俸1億7000万円から、ズバリ3億5000万円を見据えたジャンプアップが予想される。
 頑張る球児に、ありがたい天の声が届くか。宮崎オーナーはチームを首位に押し上げた火の玉守護神、藤川球児に最大限の賛辞を送った。ただ励ますだけではなく、その鬼神のような働きぶりに十分な報酬で報いることも請け負った。
 宮崎オーナー「これだけ連勝しているとJFKにかなり負担がいって彼らもかわいそうだけど、シーズン終盤なので気力で頑張ってもらいたい。藤川投手のみならず、更改の原則として、頑張った選手にはそれなりの対価があって当然。今、上がる給料を惜しむ気はさらさらない。優勝してもらえればみんながハッピーになる」。
 宮崎オーナーは東京ドームでの巨人3連戦を自宅のテレビで観戦した。接戦を制して連勝を伸ばし、ついに巨人をかわして首位。近づくVの予感に、財布のがま口をガバっと広げた。
 中でも目立ったのが藤川だ。8月30日広島戦から、セ・リーグ記録に並ぶ10連投で、25年ぶり10連勝の全試合にかかわった。球団記録を大きくクリアする40セーブ目を挙げ、日本記録(46セーブ)の更新も現実のものとなってきた。チームの宝に来季年俸を渋るはずがないと、チームの総帥は太っ腹にこたえた。
 セットアッパーとして、中日を最後まで追い上げる原動力となった昨年。推定年俸は8000万円から倍増越えの1億7000万円となった。迎えた今季はストッパーに転向し、昨季を上回る活躍をしている。チーム成績の向上、それも優勝となれば、さらに倍増近い年俸3億5000万円が目安となりそうだ。少なくとも、これまでチーム投手陣で最高年俸だった井川(ヤンキース)の2億2000万円を越えることは確実な情勢だ。
 宮崎オーナー「今年は2軍から上がってきている選手もいるが、相当の評価をされるでしょう。一昔前はダメ虎とかケチやとかいろいろ言われていましたけど、今はそんなことはない」。
 他にも昇給候補に桜井、狩野、上園らブレイクした若手陣を挙げ、最後の発奮を促した。勝って稼いで、オール・ハッピーなオフを…。宮崎オーナーが大判振る舞い予告で、チームのラストスパートを後押しした。
[ 2007/09/11 14:39 ] 阪神タイガース | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。