スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

漫画が早く手に入ることを自慢して逮捕 

「コメント」
作品をどこで手に入れたんだろう?
「漫画が早く手に入ることを自慢したかった」って?
自慢の為に作品を発売前に公開されたら原作者は死活問題です。
比較的に早く逮捕されて良かったですね。


京都府警がWinnyユーザー3人逮捕、発売前の「少年ジャンプ」など公開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000023-imp-sci&kz=sci
5月18日19時31分配信 impress Watch

 京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と五条警察署は18日、ファイル交換ソフト「Winny」のネットワーク上に週刊漫画雑誌の作品画像をアップロードしていた男性3人を、著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで逮捕した。
 逮捕されたのは、大阪府大阪市の会社員男性(29歳)、岩手県盛岡市のアルバイト男性(26歳)、東京都足立区の少年(17歳)ら3人。男性らは、「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年サンデー」で連載中の作品をスキャンした画像ファイルをWinnyで配信していた。
 京都府警によると、男性らは2007年1月から4月までに、発売前の作品を含む漫画の画像を外部記録メディアに収録し、WinnyをインストールしたPCに入れ、不特定多数が画像をダウンロードできるようにしていた。漫画家が告訴し、捜査を進めていた。現在、作品の入手経路などについて調べを進めている。
● 「漫画が早く手に入ることを自慢したかった」などと供述
 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の発表によると、京都府警の捜査員が、サイバーパトロール中に男性らの違法アップロード行為を発見し、ACCSおよび出版社を通じて著作権者へ告訴意思の確認を行なった。出版社や漫画家は、創作活動を脅かす極めて悪質な行為であると判断し、今回は6人の漫画家が代表となって告訴したという。
 逮捕同日に行なわれた家宅捜索では、男性らの自宅から、パソコンやスキャナー、漫画などが押収された。また調べによると、男性らは、違法行為であることを知りながら、アップロードを続けていたことを認めている。
 大阪府大阪市の会社員男性は、2007年1月31日から4月5日までに、週刊少年サンデーで連載中の井上和郎作「あいこら」2話分と、椎名高志作「絶対可憐チルドレン」の1話分を配信した。男性は、「注目を浴びたかった。たくさんダウンロードをさせてもらっていたので、“お返し”にアップロードをした」と供述している。
 岩手県盛岡市のアルバイト男性は、2007年2月14日から4月3日までに、週刊少年サンデーで連載中の松江名俊作「史上最強の弟子ケンイチ」2話分、雷句誠作「金色のガッシュ!!」2話分、鈴木央作「ブリザードアクセル」2話分を配信した。男性は、「早くアップロードすることで優越感に浸りたかった」と供述している。
 東京都足立区の少年は、2007年2月15日から4月5日までに、週刊少年ジャンプで連載中の作品を配信した。作品名は明らかにかにされていない。少年は、同誌発売日(月曜日)の前週の木曜日に作品をアップロードしており、「漫画が早く手に入ることを自慢したかった」と供述している。




関連記事
Winnyで「ジャンプ」「サンデー」違法公開、17歳ら逮捕 京都府警・摘発2例目
発売前の漫画雑誌をスキャンし、Winnyにアップロードをした3人が逮捕
発売前の「少年ジャンプ」などをWinny上で配信したとしてユーザー3人逮捕
Winnyは"エロ画像"から"機密情報"までなぜ流出させるのか?
WinnyおよびShareの検出削除ツールをユーザへ無償提供(ハンモック)
スポンサーサイト
[ 2007/05/19 01:46 ] インターネット関連記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://news358.blog100.fc2.com/tb.php/103-cff41a9d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。