スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

この人、自分で悪い事してるってわかってたんだ・・・ 

「コメント」
めちゃくちゃな言い逃れをしてごまかせなくなったら死ぬ???
これが国民の代表?
責任感とかまったく無いんじゃないの?
亡くなった方にとやかく言うつもりは無いですが・・・
参議院選では弔い合戦とかアホな選挙はしないで欲しいです。



<松岡農相自殺>首相の擁護裏目 参院選に影響必至
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000118-mai-pol
5月28日21時27分配信 毎日新聞

 安倍晋三首相は、松岡利勝農相が緑資源機構の談合事件に絡む政治献金を受け取っていた問題や光熱水費疑惑で与党内から辞任を求める声が出ても、擁護し続けた。柳沢伯夫厚生労働相が「産む機械」発言や公的年金の支給漏れ問題で批判を浴びていることから、「辞任ドミノ」を招き政権が弱体化しかねないと懸念したからとみられる。だが自殺という結末を迎え、首相の対応は裏目に出た形だ。
 首相は松岡氏自殺の知らせを受けた後、記者団に「私が父の秘書をしている時代からの付き合いだ」と語った。松岡氏は昨秋の自民党総裁選で、伊吹派幹部として他派閥の議員との連携に積極的に動き、安倍総裁誕生に尽力。官邸詣でを重ね、政治とカネの疑惑が取りざたされながらも、論功行賞により初入閣で念願のポストを射止めた。
 しかし、特定非営利活動法人(NPO法人)申請を巡り松岡氏の秘書が内閣府に審査状況を照会していた疑惑や、自らの資金管理団体による巨額の光熱水費疑惑、農水省所管の独立行政法人・緑資源機構の官製談合事件に関連した談合法人から献金を受け取っていた問題などが次々に浮上。そのたびに首相は「法にのっとり適切に処理していると報告を受けている」と松岡氏をかばった。
 安倍内閣では、昨年末に本間正明前政府税調会長が公務員宿舎入居問題、佐田玄一郎前行政改革担当相が不透明な事務所経費問題で相次いで辞任し、内閣支持率が急落した。だが年が明けて首相は、「女性は産む機械」と発言した柳沢厚労相を擁護。首相官邸筋は「閣僚を1人辞めさせれば『辞任ドミノ』が起きる。柳沢氏を守り切ったのは大きい。松岡氏もここまで来たら辞めさせられない」と松岡氏擁護の方針を一貫して強調した。
 自民党町村派の幹部が「地方を回れない農相、都会を回れない厚労相を抱えていては、参院選は厳しい」と参院選前の内閣改造に絡めて両閣僚を更迭するよう進言しても、首相は笑って聞き置くだけだったという。
 だが各種世論調査で3~4月に内閣支持率が横ばいや上昇に転じ、「首相のぶれない姿勢が評価された」と首相周辺が喜んでいた矢先、公的年金保険料の大量の納付記録が不明になった問題で支持率が急落。松岡氏の自殺が重なり、政権の受けた打撃は計り知れない。「本当にショックだ」(首相周辺)、「参院選にどう跳ね返るかわからない」(町村派若手議員)と影響を図りかねている。
【佐藤千矢子】

スポンサーサイト
[ 2007/05/28 22:55 ] 政治記事 | TB(0) | CM(5)

男は種を作る機械・・・

それだと寂しいよね^^
[ 2007/05/31 13:13 ] [ 編集 ]

言われたら言い返す

女が産む機械なら男は種を作る機械だ!
ってちょっと言ってみたかっただけです
死んじゃったら真実は闇に。責任逃れだよね。
[ 2007/05/31 13:00 ] [ 編集 ]

そのとうり!!!

死んですむ立場の人間じゃない事は本人が一番良く知ってたはずです!
[ 2007/05/30 01:35 ] [ 編集 ]

 

身内の生き血をを啜る安倍。また一人、本件絡みで犠牲者が出ました。
[ 2007/05/29 10:21 ] [ 編集 ]

人間・松岡氏と政治家・松岡を混同してはいけない。
とかく日本人はかわいそうだなどと言って、死を分別しない、人間としての松岡氏に弔意は惜しまないが、政治家としては最低の責任のとり方だろう。
そこには一遍の同情をする価値もない、死んで責任を果たそうと思ったのなら、彼の死は犬死としなければなるまい。
[ 2007/05/29 02:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://news358.blog100.fc2.com/tb.php/117-26a89187










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。