スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

模擬裁判「疲れた」「もっと時間を」 

「コメント」
本当に2年後にはスタートするのでしょうか?
一般人が参加したら感情だけが先行してしまう気が・・・



「疲れた」「もっと時間を」=判決終えた模擬裁判員-3日間で集中審理・東京地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000194-jij-soci
6月1日20時31分配信 時事通信

 裁判員制度実施に向け、東京地裁が企業の協力を得て、初めて裁判員選任手続きから実施した模擬裁判が1日、判決の言い渡しで終了した。「正直、疲れた」「評議にもう少し時間がほしかった」。6人の裁判員が3日間連続の集中審理と評議に臨んだ感想を話した。
 今回は殺人罪で起訴された女性被告を設定。飲酒で暴行癖のある愛人男性が被告宅を訪れ、別れ話をきっかけに男性から殴るけるの暴行を受け続けた被告が、台所の包丁で刺し殺したという内容だ。
 公判前整理手続きを経て、6人の裁判員を選任した先月30日から1日まで3日間で審理。正当防衛の成否が争点だったが、評議の結果は懲役4年(求刑懲役13年)だった。
 裁判員は男性4人、女性2人でいずれも会社員。模擬裁判を担当した合田悦三裁判長ら3裁判官と毎日の公判終了後、評議に臨んだ。1日午前中に結審。午前11時から最終評議をし、休憩を挟んで午後5時に判決を言い渡した。
 裁判員の一人で、キヤノンCE本部の室長加藤吉幸さん(59)は判決後「ものすごく疲れた。選ばれる前に裁判員のビデオを見たが、選任手続きが中心。調書とか最初は意味が分からず、もっと事前に裁判自体の説明があるといい」と語った。会社員女性は「もう少し評議の時間がほしかった。3日間で決めるのは難しい。ただ3日以上会社を空けられるかどうか。リラックスした雰囲気をつくってくれた裁判官には感謝したい」と述べた。合田裁判長は評議で一番苦労した点について「今、どういうことをやっているのか繰り返しお話しし、理解を得ていただくこと。正当防衛とか言葉の説明に配慮した」と話した。


あなたも裁判員! - 法務省
裁判員制度 - 最高裁判所



関連記事
[裁判員制度]初の模擬裁判始まる 東京地裁で3日連続審理
<裁判員制度>全国初の「模擬選任手続き」 東京地裁
裁判員選びの予行演習 トヨタ、資生堂などが協力
変わる刑事裁判。裁判をもっと身近に。
裁判員辞退「留学準備」「家族介護」でも認めず 模擬裁判スタート
スポンサーサイト
[ 2007/06/02 12:28 ] 社会記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://news358.blog100.fc2.com/tb.php/125-84c19af0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。