スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

眞鍋かをり「麒麟」川島と半同棲! 

「コメント」
ほのぼのカップル誕生!ですね^^
一気に結婚までするのかな?

眞鍋かをりさんのブログ
眞鍋かをりが麒麟・川島に告白!!


眞鍋かをり「麒麟」川島明と半同棲!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000018-spn-ent
6月11日6時5分配信 スポーツニッポン

 タレントの眞鍋かをり(26)とお笑いコンビ「麒麟」の川島明(28)が真剣に交際していることが10日、分かった。川島の大ファンだった眞鍋が昨年12月、バラエティー番組の企画で告白したことがきっかけ。関係者によると、半同棲状態という。熱愛発覚が続いているお笑い芸人。短い交際期間で結婚した陣内智則(33)と藤原紀香(35)の例もあるだけに目が離せない。
 低音ボイスによる「麒麟です」のあいさつでおなじみの漫才師・川島と、元祖「ブログの女王」眞鍋の熱愛が発覚した。
 関係者は「本当によく一緒にいるようです。互いの家を行き来しているようです」と説明。すでに半同棲状態だという。
 きっかけは昨年12月25日深夜に放送されたテレビ朝日のバラエティー番組「芸能人X’mas 酒池肉林パーティーSP」。川島の大ファンだった眞鍋が「耳元で“麒麟です”と言ってほしい」という願いをかなえるためにクイズに挑戦。見事、正解してツーショットになることに成功し「好きです。ものすごく好きです」と本気で告白した。川島からメールアドレスをゲットした眞鍋は「1日50回くらいメールするけどいいですか」とさらにアタック。川島の方もまんざらでもない様子で、すぐに意気投合した。
 眞鍋が司会を務めた昨年12月24日の「M―1グランプリ2006」でも決勝ラウンドに進出した川島と共演している。
 麒麟は昨年9月、若手の劇場「baseよしもと」から“卒業”し、川島は大阪から東京に引っ越した。慣れない土地ということもあって、2人は急接近したという。
 京都府宇治市にある川島の実家では父・喜一さん(60)がスポニチ本紙の取材に対し「少し前に息子から、付き合っているとメールがあった」と明かした。実家近くで漬物店を営む祖母・静香さん(85)は「あの子の母親が“付き合っている”とか“結婚するかも”とチラリと言っていたと思う。頼りない孫。まだ給料もそんなにもらってないだろうに、そんな人が嫁に来てくれるのか…」と驚き交じりで話していた。

 関係者は「川島さんの方がその気になれば結婚もありえる」と一気にゴールインする可能性を指摘した。

 ◆川島 明(かわしま・あきら)1979年(昭54)2月3日、京都府宇治市生まれの28歳。漫才コンビ「麒麟」のボケ担当で相方は田村裕。新人時代からM―1グランプリの決勝ラウンドに進出した実力派。




関連記事
お笑い芸人との交際で巻き返しを図る眞鍋かをり
スポンサーサイト
[ 2007/06/11 11:08 ] 芸能関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://news358.blog100.fc2.com/tb.php/146-ab897189










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。