スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

後向女性仰臥男性座位ってなんて読むのかな? 

「コメント」
小松千春主演で漫画「艶恋師 (いろこいし)」が映画化されるようです。
「後向女性仰臥男性座位=“きぬた”」って記事に書いてあったけど読み方がわかりません^^
体位の絵はネットで探してきたんですけどね・・・
「後向女性仰臥男性座位=“きぬた”」画像


超ド級の官能映画、小松千春VS四十八手を操る“絶頂請負人”とは……
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070704-00000014-flix-movi&kz=movi
7月4日21時45分配信 シネマトゥデイ

 「夜王」「嬢王」など、夜の世界を描いた作品でカリスマ的な人気を誇っている倉科遼の漫画「艶恋師 (いろこいし)」が、世の中年男性に人気絶頂の小松千春主演で映画化された。
 物語の主人公は、神楽坂の花街で芸者の子として生まれ、料亭の女将に三味線と禁欲を厳しく仕込まれながら育てられる男、菊之介。不幸な女の身と心を救う“竿師”となるための女修業を積み、“竿師・菊之介”となるまでの軌跡を描く。
 “菊之介”が女修行の旅先で出会う居酒屋の女将・雪乃役を体当たりで演じるのが小松千春。 小松は、“菊之介”役を演じる、Vシネマで活躍中の中倉健太郎との激しい濡れ場に、オールヌードで挑戦している。また、本作には、元ギリギリガールズの荒井美恵子も出演。菊之介に性の手ほどきをし、“男”にする、芸者・牡丹役を官能的に演じている。
 きわどいシーンが満載の本作には、性を極めた竿師が繰り出す“秘技”が多数登場。なかでも“菊之介”が得意とする中国4千年の歴史を誇る超秘技「後向女性仰臥男性座位=“きぬた”」は必見! とても想像することができないほど、ややこしい名前の“超秘技”とは!? その全ぼうは、7月8日に明らかとなる!

 『艶恋師(いろこいし)』は、7月8日より、渋谷アップリンク・ファクトリーにて公開
 『艶恋師(いろこいし)』作品情報
< http://cinematoday.jp/movie/T0005434>


スポンサーサイト
[ 2007/07/05 09:07 ] 芸能関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://news358.blog100.fc2.com/tb.php/178-0464ccf4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。