スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真実が出てくるのだろうか? 

「コメント」
ロス疑惑ってナツメロのような響きに感じたのは僕だけでしょうか?
ロス市警のファインプレーになるのか?疑惑のままで終わるのか?
どちらなんでしょうね?!
殺人罪は、日本では25年の公訴時効があるが、米国には時効がないらしい。
日本も見習って欲しいですね!


<三浦元被告>米当局が殺人容疑で逮捕 旅行中のサイパン島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080223-00000098-mai-soci
2月23日20時54分配信 毎日新聞

 【ロサンゼルス國枝すみれ】米ロサンゼルス市警は23日、約27年前のロス銃撃事件(ロス疑惑)で殺人罪などに問われ、最高裁で無罪が確定した三浦和義元被告(60)が22日、1981年11月に妻、一美さん(当時28歳)を殺害した疑いなどでサイパン島(米国自治領)の空港で逮捕されたと発表した。空港警察当局者によると、サイパン島内の拘置所で身柄を拘束されている。米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)はロス市警当局者の話として、ロサンゼルスで起訴される可能性があると伝えている。

【写真特集】 衝撃 三浦和義元被告 殺人容疑で逮捕

 ロス市警の発表文によると、殺人と共謀の容疑で、逮捕時刻はサイパン時間22日午後。三浦容疑者がサイパン入りするとの情報を市警長期未解決事件捜査班がつかみ、グアム(米領)、サイパン両当局と捜査協力を進めてきた。サイパンの空港警察当局者によると、22日、ロス市警から容疑者がサイパン旅行中で、同日午後に帰国のため空港に姿を現すと連絡を受けた。

 日本の捜査当局によると、新証拠が見つかったことが逮捕に踏み切った理由とみられる。

 ロス市警の発表文は「身柄の移送手続きは未定」としているが、サイパンの空港警察当局者は毎日新聞の国際電話取材に、ロス市警担当者が到着次第、サイパンからロスに身柄が移送されると述べた。

 外務省の在サイパン出張駐在官事務所の職員は「昨日(22日)午後5時すぎ、旅行代理店から日本人男性が出国時に移民局に身柄を拘束されたと連絡があった」と話している。25日朝に担当者が面会する予定という。

 三浦容疑者の携帯電話には「18日から23日まで海外出張」と録音メッセージが入っている。サイパンの土産物店の男性から東京の出版社に入った連絡によると、三浦容疑者は「サイパンは米国本土ではないから、身柄拘束はないだろう」と話していたという。

 サイパン島を含む北マリアナ諸島は47年に国連信託統治領となったが、86年に米国自治領に移行した。

 ▽ロス疑惑 81年8月、三浦和義元被告の妻一美さんは、米国を旅行中に滞在していたロサンゼルス市のホテルの自室で頭をハンマーで殴られ、けがをした(殴打事件)。その3カ月後、同じロス市内で夫妻は銃撃され、三浦元被告が左足に重傷を負い、一美さんは頭に銃弾を受けて約1年後に死亡した(銃撃事件)。週刊文春が「疑惑の銃弾」として連載したこれらの事件が「ロス疑惑」だ。

 殴打事件では85年9月に保険金目当てで実行を依頼した元女優とともに逮捕され、懲役6年の実刑が確定。銃撃事件では、実行役とされた駐車場経営会社社長とともに88年10月に逮捕され、1審で無期懲役の判決を受けたが、東京高裁で逆転無罪。最高裁が検察の上告を棄却し、03年3月無罪が確定した。



関連記事
三浦元被告:「今ごろなぜ」…関係者らに衝撃 逮捕
三浦元被告:過熱報道に名誉棄損訴え 無罪確定後
三浦元被告:米捜査当局が新証拠つかむ? 専門家の見方
スポンサーサイト
[ 2008/02/24 10:19 ] 殺人事件記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://news358.blog100.fc2.com/tb.php/223-aa322881










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。