スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長崎新市長「辞めろ」…抗議電話相次ぐ 

「コメント」
抗議電話をしている方たちは横尾氏の支持者なのでしょうか?
本当に長崎市の未来の事を考えて抗議しているようには受け取れないのですが・・・

世間ではこんな意見もある事を知ってもらいたいです。
↓↓↓
【長崎市長選】


長崎新市長「辞めろ」…抗議電話相次ぎ警護強化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000085-sph-soci
5月1日8時1分配信 スポーツ報知

 長崎市の田上富久新市長(50)に対し、市役所に「辞めろ」などと要求する電話が相次いでかかっていることが30日、分かった。前市長の伊藤一長氏(享年61歳)の射殺事件直後に補充立候補し当選した田上市長。就任後は「(特別な)警備は考えていない」と語っていたが、長崎県警は市長の自宅周辺をパトロールするなど身辺警戒を強めている。
 伊藤一長前市長の銃撃事件から2週間。ゴールデンウイークを迎え、ショックから癒やされつつあった長崎市が、再び厳戒態勢となった。現職候補が選挙中に銃弾に倒れた上、953票という僅差(きんさ)で決まった波乱の選挙。そのためか投開票翌日の23日から市役所に「田上市長は辞めるべき」「選挙制度はおかしい」など抗議の電話や手紙が相次いだ。
 市は「状況が状況なだけに、こういう事件を繰り返してはいけない」と長崎県警に相談。県警では市からの相談に、市長の自宅周辺を巡回するほか、公衆の前に出る公式行事に私服警察官を同行させるなど、身辺警戒を強めている。
 射殺事件に揺れた長崎市長選は前市長の娘婿の横尾誠氏(40)と元市職員の田上氏が補充立候補。わずか3日間の短期決戦を争った。敗れた横尾氏夫人が「父の愛する長崎でこんな仕打ちを受けるとは」と恨み節で絶叫するシーンも見られるなど、遺恨を残す結果となった。
 開票結果でも亡くなった「伊藤一長」と書かれたものなど無効票が1万票を超えるという混乱ぶり。当初から「選挙制度はおかしい」という抗議電話が市選管に殺到していたが、田上氏個人を特定して攻撃する内容が目立つようになり、市は警察に相談せざるを得なくなった。
 23日には新幹線の新駅設置の賛否をめぐって、滋賀県の嘉田由紀子知事(56)の後援会事務所(大津市)に「長崎のような目に遭いたくなければ、新駅を造れ」という脅迫電話があり、模倣犯が出ないとも限らないのが現状だ。新市長は当選後「暴力をどうやってなくしていくか、という視点で考えたい」と“非武装”での対話を訴えてきたが、堅いガードに包まれることになった。

スポンサーサイト
[ 2007/05/01 08:56 ] 社会記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://news358.blog100.fc2.com/tb.php/39-6182c501










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。