スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

候補者がいないのなら解散したら? 

「コメント」
おばあちゃんを担いでもねぇ~
選挙をする度に議員さんの人数が減ってますよね?!
思い切って民主党にって事はないかな? 民主党も嫌がるかな?



<参院選>憲法と言えばおたかさん 社民に土井氏出馬待望論
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000010-mai-pol
5月14日3時5分配信 毎日新聞

 今夏の参院選比例代表に、社民党元党首、土井たか子氏(78)の出馬を求める声が、地元・関西を中心に同党内などで高まっている。同党の比例候補者探しが難航しているうえ、土井氏のライフワークである憲法が争点になるとみられるためだ。05年衆院選で落選した土井氏側は「新しい人を出すべきだ」と出馬を否定するが、「護憲のおたかさん」の再登板がなるか、注目を集めている。
 安倍晋三首相は、憲法改正を参院選の争点に位置づけて戦う考えを示している。今国会では、憲法改正手続きを定める国民投票法案が成立する見通しだ。
 「改憲阻止」を掲げる社民党内では「初めて憲法を争点に自民党と真っ向勝負できる」(大阪府連幹部)との期待がある。だが、著名人への出馬要請は断られ、比例候補者は目標人数に達していない。こうした中、関西の党関係者は「『護憲』と言えば土井さん。出馬して安倍自民と戦うべきだという意見は根強い」と期待を寄せる。
 土井氏は現在、東京都内の事務所を拠点に、憲法をテーマにした講演のため全国を飛び回る。選挙応援にも出向くが、党運営には直接かかわらず距離を置いているという。今も行動を共にする元秘書は「待望論はうれしいが、本人は『議員バッジがなくても十分に闘える。議員としても十分にやったし、もういいかげんにして』と言っている。ただ、今ごろ憲法が争点になるなんて、もうちょっと若かったら……」と話している。
【大場弘行】




関連記事
「平和への共同・ひょうご」開催=兵庫県
言論の自由を考える5・3集会=兵庫県・西宮
名誉党首「おたか節」健在
土井前党首の国政復帰に期待
スポンサーサイト
[ 2007/05/14 05:23 ] 政治記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://news358.blog100.fc2.com/tb.php/83-ea0d7077










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。