スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国民投票法が成立 

「コメント」
かなり強引に決まったような印象を受けますね。
投票は国民がするのだからしっかりと自分の意見を持ち投票には必ず参加しないといけません。
投票率50%だとか情けない数字だけは作らないようにしないといけませんね。



自・公の賛成で国民投票法が成立
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000003-yom-pol
5月14日13時54分配信 読売新聞

 憲法改正の手続きを定める国民投票法が14日昼の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成で可決、成立した。
 1947年の憲法施行から60年を経て、改憲に必要な法的環境が整う。安倍首相は在任中に改正を目指す考えを示しており、国会でも改正をめぐる議論が活発化しそうだ。
 民主党などの野党は反対したが、同党の渡辺秀央氏は「政治家としての信念だ」として賛成した。この結果、投票総数は221で、賛成が122、反対が99だった。
 成立した国民投票法は、与党が提出した案だ。国民投票の対象を憲法改正に限定し、賛成票が有効投票総数の過半数を占めた場合に改憲案を承認する内容となっている。公布から3年後に施行される。





関連記事
[国民投票法]参院本会議で可決、成立
[国民投票法]14日成立へ 参院審議は1カ月弱
憲法改正へのスケジュール、国民は自らのものとして考えよう。
国民投票法案の衆院通過を祝して、「愛国者(ペトリオット)」の公開なのだろうか。
国民投票法案に見える強い意志の力、憲法改正への総理の思いは明確である。
スポンサーサイト
[ 2007/05/14 16:06 ] 政治記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://news358.blog100.fc2.com/tb.php/84-a608f4c7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。