スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無言のまま子供らに引き金 佐世保乱射 

「コメント」
警察は何してるのですか?
まさか取り逃がしたのでは?
肝心な時に役に立たないってのには腹が立ちます!


無言のまま子供らに引き金 佐世保乱射
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071215-00000902-san-soci
12月15日2時5分配信 産経新聞

 週末の夜、子供たちの歓声を銃声がかき消した。14日夜、長崎県佐世保市のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で起きた乱射事件。迷彩服姿の異様な犯人は、プールサイドにいた子供たちやフロントの女性に銃口を向け、無言のまま引き金を引いた。「銃だ、逃げろ」「助けて」。悲鳴をかき消すかのように、また新たな銃声が響く。「日本も銃社会になったのか」…。街には救急車のサイレンが響き渡り、付近の住民らも底知れぬ恐怖に震えた。  「パンパンと8回ほど音がした。子供たちは逃げまどってパニックになった」。犯行を目撃したスポーツクラブの女性従業員(45)は青ざめたまま話した。
 事件があったのは午後7時10分ごろ、2階のプールでは、子供たちのスイミングスクールがちょうど終わる時間だった。
 「男はプールの入り口からゆったりと歩いてきた。コーチが声を掛けると、片手を振って『何でもない』というようなしぐさをした。異常に気付いて避難しようとしていると、5、6人集まった子どもに向けて突然、銃を撃ってきた」。7歳の息子の付き添いで、プールを見渡せるギャラリーにいた母親(41)は、目の前の犯行に声を震わせた。
 プール脇のジャグジーにいた男児(10)は「男は手に長い銃を構え、背中にも1、2本の銃を背負っていた。最初に3、4発の音を聞いた。怖くなって、ほかの子と一緒にコーチ用の更衣室に逃げた。少ししたらまた、銃声がした。逃げる途中に廊下に血がたくさん流れていた」。付き添いで館内にいた祖母(71)は男児を見つけると「とにかく無事でよかった」と抱き締めた。  「音がした後、フロントの方に子供たちが逃げてきた。太ももから血を流した子供もいて、泣き叫んでいた」と女性従業員は振り返った。
 クラブ側によると、当時、館内には利用者50人などスタッフを合わせて約70人がいた。男は正面玄関を開け、最初から手当たり次第に銃を乱射しながら館内に入ってきた。フルフェースヘルメットで、顔は見えない。その後、事務室に入り、さらに発砲。死亡した従業員の倉本舞衣さん(26)が撃たれたのはこことみられる。

 館内にいた会社員男性(28)は「1発目はイベントの音かと思った。逃げようとしたら、男が銃口を自分にも向けてきた。フロントのスタッフにも発砲し、女性が血を流して倒れるのが見えた。叫び声がすごかった」と恐怖を語った。
 その後、プールで乱射した男は、トレーニング設備のあるフロアに向かい、そこでも無差別に乱射。フロアには倒れて動かない人もいた。
 女性従業員は「更衣室で会員に『服を着て』と頼み、逃げる準備をした。犯人がどこから来るか分からず、警察が来るまでは本当に怖かった」。
 男は一時、立てこもる構えを見せたが、逃走。どこから逃げたかは不明という。
 その後、ビル1階のスーパーには、買い物客でにぎわう店内に、「キャー」という女性の悲鳴とともに、スポーツウエアを着た男女が次々と駆け込んできた。中にはウエアが真っ赤に血で染まった人もおり、店内は騒然となったという。
 その後、到着した警察官から「中にいるように」との指示があり、急遽(きゅうきょ)閉店。施錠したうえで数十人が店内で身を寄せ合ったという。
 付近は大勢の警察官が集まり、国道からの入口は現場の約700メートル手前から車の進入を封鎖。約300メートル手前からは人の通行も規制。パトカーのサイレンが鳴り響いた。  犯人が逃走していることから、現場から約3キロ離れた西九州自動車道佐世保みなとインターチェンジ(IC)では検問も行われた。


[ 2007/12/15 04:55 ] 殺人事件記事 | TB(0) | CM(1)

<佐世保発砲>スポーツクラブで突然銃撃…犯人は逃走? 



<佐世保発砲>スポーツクラブで突然銃撃…犯人は逃走?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000147-mai-soci
12月14日21時6分配信 毎日新聞

 「パンパン」--。乾いた銃声が子供たちらでにぎわうスポーツクラブに響き渡った。長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で起きた銃撃事件は女性が死亡、男性1人が心肺停止、けが人数人を出す惨事となった。銃を撃った男は現場から離れ、逃走中との情報もある。「いったい、なぜ」。市民が訪れる集客施設での凶悪事件に、住民らは不安を募らせた。

  【特集】 長崎・佐世保発砲 関連記事、写真、地図なども

 現場は米軍基地の街・佐世保市のほぼ中心部にあり、市役所から東に約800メートル。官庁街も近い。

 男が銃撃したスポーツクラブがあるビルは1階がスーパーマーケットで、大勢の人が出入りする。クラブにはプールのほか、スカッシュのコートやエアロビクスなどをするエクササイズスタジオがあり、多くの住民が通っていた。93年5月に設立され、会員は約3000人。子供向けのスイミング教室も併設されているという。

 クラブ内にいた男性は「午後7時過ぎに外国人のような男が正面玄関からクラブに入り、その直後にパンパンと音がした。男は迷彩服のような服を着て頭にはフードをかぶっていた」と声を震わせた。

 クラブに知人の男性職員がいるという女性は報道で事件を知り、心配になって連絡した。この男性職員は「僕たちは大丈夫だけど撃たれた人がいる。病院に連れていかれたようだが、僕たちには何もできない」と話し、あとは言葉にならなかったという。混乱しているためか、その後、電話は突然切られた。

 ◇現場に社員派遣し、情報収集

 事件の起きた「ルネサンス佐世保」を運営するルネサンス本社(東京都墨田区)は14日夜、事件を受けて本社内に対策本部を設置。九州の他の店舗から現場に社員を派遣し、情報収集を進めている。

 同社によると、当時、施設内にいた利用者数は不明だが、金曜の夜の利用は通常、他の日より少なめだという。担当者は「発砲時の詳しい状況がまだ入ってきていない。情報が錯そうしている」と話した。

 ホームページによると、同社は82年設立。80のスポーツクラブを含む95施設を全国に展開し、会員数は、約30万8000人(07年9月現在)。


[ 2007/12/14 22:39 ] 殺人事件記事 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。